スライドと動画





WordPressとは

WordPressって何?

誰でも無性で利用できるブログやウェブサイトを制作・管理できるCMSソフトウェアで、全世界の1/4のウェブサイトで使われています。

WordPress.orgとWordPress.comの違い

WordPress.orgはインストール型。プラグインやテーマは自由に利用することができる。

WordPress.comはレンタルブログ型。テーマやプラグインの選択肢に限りがある。

WordPressの自由とは

ライセンスはGPLv2またはそれ以降。コピーレフトという考え方が用いられる。

WordPress Foundationの役割について。「オープンソース、GPLソフトウェアを通じて、パブリッシングを民主化すること」が使命。WordCampの運営を資金面でサポートしている。

ローカル開発環境を作ってWordPressを動かしてみる

ローカル開発環境を動かして実演しながら講座を進めます。講座に沿って同じように自身の手元で試してみたい場合にはPCを持参ください。

また、ローカル開発環境で使うアプリについては事前にダウンロード&インストールをお願いします。(下記参照)

ローカル開発環境とは

ローカル開発環境とは、自身のPC内にもう一つ別のPCを作り、その中に作業環境を構築するというようなイメージで解釈してもらっていいかと思います。

実際には、インターネットを経由してコントロールができるサーバーを利用して実験を行うことも可能です。

しかし、実際にはすでに運用を開始しているサーバーであったりすると、何かトラブルが起きた際に他のディレクトリを含むサーバー全体に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

ですので、実験やテストを気兼ねなく行うためにも、実際の運用サーバーとは切り離したローカル環境(自身のPC内)に環境を作ることが勧められています。

ローカル開発環境を整える方法はたくさんあります。例えばこんなものがあります。

今回、こちらでは一番シンプルにWordPressを自身のパソコン内で立ち上げられるLocal by Flywheel(以下、Flywheel)を利用してみることにします。

では、実際にWordPressを動かせるローカル開発環境を用意してみましょう。

Local by Flywheel をダウンロードする

まずは下のURLからアクセスして、Local by Flywheel という無料アプリケーションをダウンロードします。

上のURLをクリックするとこのようなページが表示されます。

右上部の白文字で[DOWNLOAD]というボタンを押します。

[Mac]もしくは[Windows]を選択肢、その下の項目を入力します。入力が終わったら最下部の[GET IT NOW]ボタンをクリックします。

ダウンロードが進行しているはずです。(下画像はMacのサンプル)

ダウンロードが完了したら任意の場所にあるダウンロードしたZIPファイル(圧縮ファイル)を解凍します。Macの場合はファイルをクリックするだけで解凍が始まります。

解凍が完了するとアプリケーションアイコンを確認することができるはずです。Macの場合はこのアプリケーションアイコン(アプリケーション自体)を【アプリケーション】フォルダに移動させておくことをお勧めします。(任意)

アプリケーションを起動させます。初めて起動する際には上のような表示になります。[LET'S GO]を押して進みます。途中、管理者権限のパスワードを求められることがありますが、必要に応じて対応してください。

以上で、ダウンロードからインストールまでが完了しました。

ここまで準備した上で講座を受けられることを強くお勧めします。インストール処理に時間がかかるため講座内ではインストール方法の説明のみになります。